自然素材のこだわり住宅

■空気の質を考える■
「シックハウスなどの原因となる化学物質を含んだ空気を浄化したい」
「夏は涼しく、冬は暖かく室内の湿度をコントロールしたい。」
「ボンド等を使わず天然素材だけの塗り壁が欲しい。」
・・・そんな悩みを解決するのがこの商品です。


レーベンレーベン
呼吸する壁 和紙塗りの壁材 「レーベン」
基本となる和紙に天然海藻糊と光触媒効果で抗菌、防カビ、脱臭できる酸化チタン。
カビ防止効果を高めるホタテ貝の粉末で出来た天然和紙塗り壁材。


琉球の塗り壁琉球の塗り壁
琉球の塗り壁
沖縄県産自然素材にこだわり、勝連トラバーチン、風化造珊瑚礁、コーラル(南部石灰岩)、赤土、赤瓦をベースに消石灰(しっくい)を配合しています。
内装材に使用される合成樹脂や、有機溶剤が原因でシックハウス症状を起こす方が少なくありません。
琉球の塗壁は、沖縄県産自然素材と、消石灰(しっくい)をFC剤(イオン結合促進材)により固めた内装材なので、臭いや有害物質の発生がなく、安心で快適な空間を作ります。


ノリピタ食品糊ノリピタ
ノリピタ
お米で造った食品糊「ノリピタ」。赤ちゃんが舐めても安心。
その上、強度は木工ボンドの4倍~7倍の超優れもの。
せっかくの無垢版も化学物質の入ったボンドを使うと台無しですね。


国産無垢材国産無垢材
国産無垢材自然素材建材「宮崎県飫肥杉・無節浮造りフローリング」「宮崎県飫肥杉・無節羽目板リブ仕上」「奈良県吉野・桧フローリング」
なぜ国産材にこだわるの?
海外から木材を輸入するとき、木材の中の害虫や細菌を殺す為に必ず消毒します。
室内で使う木材は直接肌に触れます。せめて床材、壁天井材の室内に使用する無垢材だけは、無農薬の国産材を使用したいものです。
その為に、国産材で多く流通している「杉」「桧」を使用します。
しかし単に「杉」「桧」を使いません。産地にこだわります。乾燥にこだわります。オリジナルにこだわります。
桧は「ヒノキオール」の多く含まれる、あの有名な奈良県吉野桧のブランドを。杉は、目が詰まっている宮崎県の飫肥杉(おびすぎ)を使います。
特に飫肥杉は床材を特殊な乾燥方法を経て、「浮造り床板」や「リブ加工板材」に仕上げています。
節のほとんど無い商品に仕上げています。

ページトップへ